Word・Excel・PowerPoint

  • これから使いはじめたい方

  • 家計簿・町内のチラシを作成したい方

  • 報告資料を作成したい方

  • プレゼンテーション資料を作成したい方

ご利用案内

これから使いはじめたい方

  • 転職するにあたって、WordやExcelの知識が必要になった。
  • 社内でパソコンを使った文書作成の仕事を急に割り振られた。
  • 家計簿をつけたい。
など、各ソフトを使用できるようになりたいといった方には、下記のようなカリキュラムをご提案しています。

Word基礎

  • 読みやすい文章の作成
  • タイトルの文字の大きさを変更したり、強調したい文字の色を変更する、ページのレイアウトを整えるなど、読みやすい文章を作成するためには色々と工夫が必要です。これらの「手書きでは感覚で行っている工夫」をWordでできるようになるための使い方をお伝えします。

  • 文章の内容を伝わりやすくする表の作成や図の挿入
  • 文章の内容を伝わりやすくするためには、文字だけでなく情報を一覧化した表や図、写真などを取り入れることが必要です。文章内に表や図を配置することから始め、より効果的にするために、これらを見やすく整える方法をお伝えします。

Excel基礎

  • 表計算ソフトのデータ編集
  • 表計算ソフトであるExcelはセルという小さな箱の中にデータを入れていきます。入力の仕方によってはデータが活用しにくくなってしまうので、データ入力や修正の方法を詳しくお伝えします。

  • 作業を効率化するExcelの機能(関数)の使用
  • Excelの機能(関数)を使用すると電卓でやると面倒な合計値や平均値の算出や、名前のフリガナの入力などを簡単な操作で効率良くすることができます。

    使用できることで作業効率が大きく変わってきますので、使用方法を詳しくお伝えします。具体的に実施したい作業があれば、それにあった関数をお伝えすることも可能ですので、お気軽にご相談ください。

  • データを理解しやすくする表とグラフの作成
  • データを表でまとめたり、データを図示したグラフを作成することで、データを理解しやすくすることができます。表やグラフの作成方法から始め、これらを見やすく整える方法をお伝えします。

  • データやグラフの印刷
  • 会議などで資料を配るには、作成した表やグラフを印刷する必要があります。Excelで印刷する際にはWordなどとは違い、明確にページが分けられているわけではないので、印刷する範囲やどこからどこまでを1ページとするかなどの設定が必要です。このようなややこしい作業もわかりやすくお伝えします。

社内文書を作成したい方

  • 年間の売上げデータを取りまとめた報告資料を作成する必要がある。
  • 業務マニュアルを作成する必要がある。
など、一歩進んだソフトの活用が必要な方には、下記のようなカリキュラムをご提案しています。

Word応用

  • 何ページにも渡る資料作成
  • きちんとした社内文章では、各ページの上部や下部に作成日付やページ番号を記載して体裁を整える必要がありますが、各ページでそれを記載するとなると作業効率が悪くなります。

    それを解決するためにヘッダー(ページ上部)・フッター(ページ下部)といった全ページに適用される領域が用意されています。これらの領域は通常の文章作成とは違う方法で編集する必要がありますので、その方法をお伝えします。

  • 誰にでも伝わる資料の作成
  • 報告資料は、一緒の仕事をしている人だけに見せる訳ではないため、できるだけ誰が見てもよくわかる資料を作成する必要があります。

    るだけでなく、オートシェイプという描画機能を作成して業務フローを作成したり、テキストボックスで図の説明書きを挿入するといったことが必要になることもありますので、その方法をお伝えします。

  • 変更履歴の記録
  • 社内文章、例えば業務マニュアルは、多くの人が使用し、都度、修正が入るため誰がどこを修正したのかを記録していく必要があります。

    それには、履歴記載用ページを作成し、順次記載していくで対応することができますが、Wordの機能で変更内容を記録したり、文章内にコメントを入れることもできるため、その方法をお伝えします。

Excel応用

  • データの入力、修正ルールの統一
  • 社内の共有資料は、多くの人がデータの入力や修正を行うため、修正ルールを決めておかないと誰もが理解できる資料となりません。Excelにはそのルールを自動的に適用してくれる機能があるため、その方法をお伝えします。

  • データベースからの社内データ取得
  • 社内データが蓄積されていくと、Excelでは管理しきれなくなるため、データをデータベースへ蓄積していきます。蓄積されたデータを使用して報告用資料を作成するには、データベースからデータを取り出す必要がありますので、その方法をお伝えします。

  • 効率の良いデータ抽出
  • 例えば大量にある売上げデータから平日と休日のデータをそれぞれ抜き出し比較をしたいといった場合、手作業でデータを抽出するのは、すごく時間がかかり、かつ正確に実施できるとは限りません。

    Excelの機能であるピポットテーブルを使用すれば、こういった作業を短時間で正確に実施することができるため、その方法をお伝えします。

  • 作業の自動化
  • Excelの機能を使用すれば、手作業よりも断然効率よく作業することができます。ですが、機能を使用するために元データを整形したり、Excelの機能ではできない作業は最終的には手作業になってしまいます。

    それを避けるために、Excelには元データの整形作業等を登録し、自動化するマクロという機能が備わっています。Excelでの作業効率化には欠かせない、マクロについても、使い方をお伝えします。

プレゼンテーション資料を作成したい方

  • 簡単な説明用資料を作成する必要がある。
  • 企画の説明資料を作成する必要がある。
など、プレゼンテーションソフトを使用したいといった方には、下記のようなカリキュラムをご提案しています。

PowerPoint基礎

  • プレゼンテーションソフトの基礎知識
  • プレゼンテーションソフトは説明資料の作成をサポートするための機能がたくさん盛り込まれています。

    例えば、表紙のページを簡単に作成したり、ページにあらかじめ図を入れるスペースを確保したりといったページ作成関連の機能、仕事の流れを表すフロー図を作成する機能などがあり、使いこなせるとより早く効果的な説明資料を作成できます。これらの説明資料作成にあたって必要となる機能について、幅広くお伝えします。

  • 説明内容を伝わりやすくする表や図の作成・挿入
  • Word基礎の欄でも記載しましたが、説明内容を伝わりやすくするには、説明内容にあったデータを一覧化した表や説明を印象付ける図が必要になります。せっかくの良い企画を採用してもらうために必須となりますので、表や図きれいにレイアウトする方法をお伝えします。

PowerPoint応用

  • スタイリッシュな説明資料の作成
  • 説明資料に説得力をもたせるには、内容を良くすることは当然として、スタイリッシュに見せることも大事です。

    用意した画像をそのまま使用するのではなく、見栄えの良いように加工したり、必要であれば動画などを配置することで、良い印象を与えることができます。また、プレゼンテーションソフトにはデフォルトで、背景色や文字の色、形などを簡単に変える機能があるため、説明にあったデザインを選択することも一つの方法です。このような説明資料をスタイリッシュにするための方法を幅広くお伝えします。

  • 資料の添削
  • 何人かで仕事を進めていると、同僚の作成した資料を確認する機会があるかもしれません。そういった場合、資料を印刷して赤入れをしても良いのですが、簡単な修正であれば、資料に直接記入したほうが、効率的で紙も無駄になりません。こういった機能を知っていれば、役に立つ機会が多々あると思いますので、使用方法をお伝えします。

News 受講生の声 ご相談事例 セミナー情報 お問い合せ